こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

回答受付中の質問

妊娠糖尿病の検査について

妊娠27週に入り、先日妊娠糖尿病の検査を受けてきました。
甘いサイダーを50g飲むというもので、
1時間後の血糖値が142で再検査となりました。(基準値は140以下)

再検査では75gの飲み、空腹時、1時間後、2時間後の血糖を測定するのですが、
空腹時86、1時間後144、2時間後110で問題ないとの結果をいただきました。
(基準値は空腹時92以下、1時間後180以下、2時間後153以下)

結果としては妊娠糖尿病ではないとの診断を受けましたが、
50gと75gの検査で、1時間後の基準値は140以下、180以下とかなり違います。

やはり50gよりも75gの方が血糖値はあがりやすいため、
このような基準になっているのでしょうか。

それとも、50gの検査では妊娠糖尿病の疑いのある人をより多く見つけるため、
基準が厳しくなっているのでしょうか。

私の場合、75gの検査の1時間後は144でしたので、
50gの検査の基準値ですとアウトになってしまいます。
なので、妊娠糖尿病ではないとの診断でも、
やはり少しは気にしておいた方が良い部類になるのか、気になり質問をさせていただきました。

お詳しい方いらっしゃいましたら、よろしくお願いいたします。

投稿日時 - 2018-02-09 15:10:41

QNo.9427262

困ってます

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(1)

ANo.1

50gOGTT は、あくまで簡易検査です。
日本糖尿病・妊娠学会は妊娠糖尿病を 75gOGTT で判定すると定めていますし、
(参考:http://www.dm-net.co.jp/jsdp/information/024273.php
WHO も妊娠糖尿病の検査は 75gOGTT を1回だけ行うことを推奨しているようです。
(参考:http://diabetologistnote.blog119.fc2.com/blog-entry-48.html

しかし、50gOGTT は糖分摂取から1時間後に1回採血すれば結果が出るのに対し、75gOGTT は空腹時、糖分摂取1時間後、2時間後と3回採血が必要です。
妊婦全員に 75gOGTT の検査をすると、病院側にもかなり手間がかかります。
だから、50gOGTT である程度検査対象を絞り込んでから 75gOGTT の検査で判定を行っているのでしょう。
50gOGTTの結果は、妊娠糖尿病の診断をする上で大きな意味はないと考えていいと思います。

投稿日時 - 2018-02-09 19:43:47