こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

この動画、背景がグニャグニャして見える。何故?

下記の実写動画なのですが、8:11辺り背景がぐにゃぐにゃして見えます。何故ですか?
https://www.youtube.com/watch?v=Pe2hnRKaeXo
人物左側(画面に向かっての左)の機材がグニャグニャして見えませんか。
このライブ会場の照明でこんな風に見えるのでしょうか?
でも8:50辺りはグニャグニャして見えませんし、ならばカメラを持っている人の手ぶれが原因なのでしょうか。
なんとなく不思議な感じがします。

投稿日時 - 2017-12-02 09:27:38

QNo.9403564

暇なときに回答ください

質問者が選んだベストアンサー

たたぶん、YouTube側で施した手ブレ修正の弊害かと思われます。

撮影に使用していたビデオカメラの手ぶれ補正によりローリングシャッター現象も拍車をかけているのかもしれません。

一部のスマホカメラの手ブレ補正でも類似した現象が現れることもあります。
光学式手ぶれ補正やセンサーシフト式手ブレ補正ではなくソフトウェア式手ブレ補正のときに発生しやすいように思います。

投稿日時 - 2017-12-02 10:01:54

お礼

ありがとうございます。
手ブレ修正機能が誤動作するとこうなるのですね。プログラムが自動修正している以上、このような問題は起きるのですね。

投稿日時 - 2017-12-02 10:23:00

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(2)

確かに左側にあるスピーカー、アンプが揺れて見えましたが、恐らく、スピーカーの音量を2000ワット(爆音)位に近い音量まであげて超大出力による揺れだと思います。

カメラを持っている人の手振れではないですね。
私も学生の頃にバンドをしてましたが、こういった現象は起きていました。
また、楽器が広い込んだりするとなります。

エフェクトによたり、最大出力を遥かに越えた時に起きる現象です。

https://youtu.be/vbLrZJQRbUU

珍しい事ではありません。
人間自体のトランス状態と考えてみて下さい。
酷いと人間の洋服や皮膚も揺れます。

投稿日時 - 2017-12-02 10:39:49

お礼

ありがとうございます。

投稿日時 - 2017-12-04 00:03:19