こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

妊娠の予定はないけど、妊娠できるか不安です。

妊娠の予定はないけど、妊娠できるか不安です。
20代半ば女性です。
結婚を前提にお付き合いしている人がいるのですが、
結婚した後、子供ができるか不安です。
(子供はデキ婚ではなく、結婚してから作ろうと話しています)
彼は子供が好きで今から将来の子供について二人で楽しみにしていますし、私も彼との子供が欲しいです。
ですが、
私の周りで不妊治療を何年もしていても授からないと言う人が本当に多いので、
私はちゃんと妊娠できるのか不安になりました。
結婚前に妊娠できる体なのか調べる方法なんてないですよね?…
男性側に問題がないことを前提として、
こればかりは子作りをしないと分からないものなのでしょうか?
ちなみに、過去に性病や中絶の経験はありません。
なぜ最近はこんなに不妊が多いのですか?
今から将来のためにできることがあれば教えていただけたら嬉しいです。、

投稿日時 - 2017-11-30 03:13:40

QNo.9402837

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

私の義理の妹も不妊治療しています。
義弟も精子が薄いらしく両方で難儀しています。

男は少々精子が薄くても健康なら問題ないのですが、
女性の場合は精子を受け入れる卵子の数、卵子の元気度が低いと
まったく妊娠しません。だから不妊治療は女性に肉体的にも金銭的にも
厳しいのです。義理妹夫婦がその状態です。

不妊が増えた理由の一つは晩婚化。加齢による晩婚で薄くて元気のない
精子でも受け入れられる卵子が減っている、または卵子そのものに元気が
なくなる。女性の社会進出が増えたことも要因の一つでしょうね。
子供なんてもちろん、配偶者も要らぬ、稼いだお金で海外旅行にグルメ・・
こういう生活が長いと妊娠しない体に変わってくると思います。

ただまあ、まだ20代半ばならそう心配はないですが、これが30代に入っての
初産ならいろいろ覚悟が必要でしょうね。
私の義理妹は30半ばで結婚しましたけど、もう3年も経つのに
妊娠出来ていません。不妊治療もしんどいし辛いと言っていました。

聞いた話で、不妊で悩んでいたところペットを飼い始めたそうです。
犬か猫かは忘れましたけど、そうしたらすぐ妊娠したんですって。
想像ですけど、小さい犬や猫を愛でる、可愛がることで母性が強くなり
母親になるという意識が無意識に強くなり、体に変化(例えば卵子数が増えた、
元気になった・・・など)が出て妊娠に至ったのだろう、と。

投稿日時 - 2017-11-30 09:46:27

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(3)

ANo.2

>>結婚前に妊娠できる体なのか調べる方法なんてないですよね?

「ブライダルチェック」で調べてみてください。


>>男性側に問題がないことを前提として

いえ。。。その前提に意味が無いことを理解された方がよろしいかと。


世の中、「男女」で子供作るんですから、もしも不妊ならば「どちらか」に原因があることになりますが、調べてもいないのに男側は問題が無い。という前提に出来るのがおかしい話。


理想を言えば二人そろってした方がいい話でしょうが、まぁ、調べてみれば難しいのが分かるとは思いますので、カップルでよく話し合ってみてください。

投稿日時 - 2017-11-30 09:44:44

ANo.1

(結婚前に妊娠できる体なのか調べる方法なんてないですよね?…)
結婚前に調べる方法なんて病院に行けば出来るじゃないですか。
女性は婦人科に行けば良いですし,男性は泌尿器クリニックに
行けば検査出来ます

男性不妊の検査について 
精液検査 精液中の精子の数や運動精子の数(運動率)を調べます。
染色体検査 採血により染色体異常を調べます。
ホルモン検査 精巣の機能を調べます。(FSH、LH、テストステロン)
抗精子抗体 精子に対する抗体が血液中にあるか調べます。
Y染色体検査 Y染色体について詳しく調べます。Y染色体上の無精子症関連領域の遺伝的欠失について調べます。
AMH
(アンチミューラリアンホルモン) 男性不妊にかかわる生殖細胞の指標となると思われるホルモンを調べます。
感染症管理 血液や精液を扱うために感染症関連検査をします。
B型肝炎(HBs抗原)、C型肝炎(HCV抗体)、エイズ(HIV抗体)、梅毒(RPR法、TPHA法)

HTLV ヒト成人T細胞白血病の原因となるウイルスの検査をします。

術前検査 精巣上体精子回収法(MESA)、精巣精子回収法(TESE)、顕微鏡下精巣内精子回収法(MD-TESE)手術前に行います。
 (1)末梢血液検査・・・貧血と血球成分を調べます。
            (白血球数、赤血球数、Hb、Ht、血小板数)
 (2)血液凝固検査・・・止血の働きを調べます。(PT,APTT)
 (3)生化学検査・・・・・内科的疾患の有無を調べます。
            (生化学11項目)

投稿日時 - 2017-11-30 08:53:39