こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

締切り済みの質問

施設へ入居している認知症の母親への相続

父親が亡くなり、実家と数百万の現金が残りました。相続人は母親と私と妹です。
遺産分割協議書には、実家を私が現金化し、その売却分を含め、全て現金化して
母親が2分の1、私と妹がそれぞれ4分の1で分割することを考えているのですが、
法定相続分通りの分割でも、母親に成年後見人を立てる必要があるでしょうか。

投稿日時 - 2017-11-28 22:43:45

QNo.9402427

困ってます

このQ&Aは役に立ちましたか?

1人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(1)

お母さんの状態がわかりませんので,後見相当という前提で回答します。
法定相続分に従った相続であれば,成年後見人は必要ないこともあります(例えば,不動産について法定相続分に従って相続登記をする場合)。
しかし,実家を売却するということであれば,法定相続分に従って相続登記をしたとすれば,相続人全員が売主となる必要があるため,お母さんに代わって,売買契約をするために成年後見人が必要となります。
また,売却するためには,相続人の誰か一人の名前にした方がやりやすいので(売主は一人となります),そのためには遺産分割協議をする必要があり,この協議をするためには成年後見人が必要となります。
以上,ご質問の場合には,成年後見人が必要ということになります。

投稿日時 - 2017-11-29 06:22:48