こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

PCの対電による不具合の原理について教えてください

 デスクトップ型PCで不具合が発生しましたが、帯電除去で治るかもしれないと言われ、実行したところ治ったようです。
 帯電による故障については聞いてはいましたが、その理屈については全く理解していませんでした。すべてのケーブルを取り外してしばらく放置するとよいと言われるその原理について知りたいと思っています。
 ケーブルをすべて取り外したらPCが外と絶縁状態になるのになぜ帯電が除去されるのか、帯電はどの箇所に発生するのか、例えばフレームなのかボードなのかなど。また、なぜ帯電が進行するのか、また、帯電によってなぜ動作不良になるのかなどです。よろしくお願いします。

投稿日時 - 2017-10-15 15:21:48

QNo.9386118

暇なときに回答ください

質問者が選んだベストアンサー

それは「帯電」ではなく、「充電」されたコンデンサを自然放電させる対策だと思います。
(静電気とは全く関係ありません。)

電源回路には平滑用コンデンサが入っており、これが中途半端に充電された状態だと、電子回路に中途半端な電圧が供給され、ブラウンアウトして誤動作状態になる可能性があるためです。

ただし、最近のパソコンでこのような対策が必要になることはほとんどなく、別の故障が潜んでいる可能性が高いです。

投稿日時 - 2017-10-21 12:38:28

補足

cwdecoder さま、ご教示ありがとうございます。
 電源回路の平滑用コンデンサの充電の問題ということですが、平滑用コンデンサならPC動作中は常に一定の電圧で充電されていると思われます。これが中途半端な電圧状態になるということは、電源回路に異常があるということでしょうか?
 さらに、異常充電状態を放電で解除すると復旧するというのも不思議な気がします。
 私のPCは現在正常な状態に戻っていますが、いずれ再び以前と同じ不良状態になりうるということでしょうか?

投稿日時 - 2017-10-25 00:19:26

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(3)

ANo.2

通常『静電気』で金属部分に『電圧』が
発生し、利用できるAC電圧が低下する為に不具合が発生します。
静電気の場合は暫く放置すると軽減されます。
静電気は湿度が低い時に発生しやすく湿度が上がると自然放電します。

後は湿度が高い状態に金属フレーム、基盤に埃を経由し電流が流れる事も有り。
これなんかはケーブルを外すと流れないから治りますね。

投稿日時 - 2017-10-16 14:40:19

補足

kiyomac さま、懇切なご教示ありがとうございます。
金属部分というのはフレームなどですね。ここに静電気が溜まると利用できるAC電圧が低下するというのはどんなメカニズムがあるのでしょうか?PC内にはAC-DCコンバーターがあると思いますが、このコンバーター回路のどこかがフレームとつながっているのでしょうか?
どちらにしても、静電気の電圧はどこかのポイントに対する相対的な電圧を指すのでしょうけれど、対大地なのでしょうか。もし対大地ならフレームをアースすれば静電気の問題は発生しないことになりますね。

投稿日時 - 2017-10-16 15:00:03

ANo.1

M/Bや電源ユニットなどに使われているコンデンサに帯電するからかな?と思います。

投稿日時 - 2017-10-15 16:20:00