こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

締切り済みの質問

錦織圭に、プロテニスプレーヤーの資格無し

プロテニスプレーヤーの錦織は本年6月3日、全仏オープン戦三回戦で、自分のプレーの不甲斐なさに、ラケットを叩きつけて破壊してしまいました。
また、7月7日のウィンブルドン選手権では、同じく3回戦に敗れた際に、ラケットを壁に投げつけました。
ラケットはそもそも、テニスプレーヤーの命の次に大事な道具。そのラケットを試合の苛立ち紛れに壊したり投げつけるのは、もうプロとしてのプレーヤー失格であり、テニスをする資格は無いと思われます。
錦織は一時は4位まで上り、グランドスラムを制するのではと期待されました。また、錦織も一時は「トッププレーヤーの誰とやっても勝てる気がする」とか自信過剰の発言をしてましたが、今や9位に落ち込み、しかも、グランドスラムの優勝からは遠ざかってます。
こんな状況は何が原因かわかりません。錦織の奢りか、練習不足か、CM収入でハングリー精神が無くなったのか、或いはもう、年齢的に下降坂なのか・・・よくわかりませんが、少なくとも、自分の商売道具であるラケットを壊したり投げつけるのは、プロ以前のマナーの問題で、彼はもうプレーヤーの資格は無いと思われますが、みなさんはどう思われるでしょうか。

投稿日時 - 2017-07-08 19:01:56

QNo.9349737

困ってます

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(13)

ANo.13

そうですね,野球を教える指導者はヘルメットを投げつける子供を見つければ,ものにあたるな,悪いのはお前だ。と叱ります。当然だと思います。人が子供に教える大事なことの一つだというのはそう思います。
トップアスリートが少年達の見本にならなければいけないというのも理解できます。プロ野球選手の乱闘やものを大事にしないとうな振る舞いが減ったのは,そういった側面からの教育的な指導が入っているのも事実でしょう。
子供に夢を売りなさいというのも似たような事だと思います。
ラケットに関しても同じだというのは当たり前だと思いますし,あなたの言い分はよくわかります。
スポンサーにも失礼だと思いますしね。印象も悪いですしね。
ただスポンサーもある程度は,折られるのも想定はしているみたいですけども。
悪行ではありますがテニスのように数秒でメンタルの切り替えをするのに,ラケットにあたるのはとっても効率が良いと一部の人の間ではされています。これは定かではありませんが,トッププロのなかでメンタルが不安定で引きずるタイプの選手への切り替えの手段として,靴紐を結び治すのと同じ程度の意味合いでラケットを折るのも手段の一つだと言われている人がいるのを聞いたことがあります。当然絶対に公になりませんし,都市伝説の可能性がありますが,上記のメンタルを切り替えの手段というのはそうゆう意味だと言うことです。
なぜならその場であたるので一番被害が少ないのはラケットを折ることなので。自分の大事にしてきた道具で一緒に戦ってきた大事な相棒を壊すという意味で彼らはそこで切り替えを行うそうです。過去の自分との決別と言えば言いすぎかも知れませんが,未だにトップ選手達がラケットを折るのが頻繁にあるのは,あのセンタコートなどの状況ではさもありなんなのかも知れません。正当化はしませんが追い詰められた状況で現状を打開する手段の一つなのでしょうか。そうゆう事情をあなたが受け入れるかどうかは分かりませんが,テニスのラケットは同じサイズ同じ重さで作っているとしても10本用意してもそれぞれ打球感の印象がかなり違います。当然ガットのテンションも同じにしており,高いテンションを好む選手は頻繁に交換します。その自分のイメージや調子を悪くするラケットを折ってしまうのは,良くないことで正当化される事では無いけれども,もう使わないという意思表示としては,彼らのように何本でも同じラケットが手に入る人に取っては普通のこと。爪楊枝の先を折るのと同じかも知れません。これは張り替えた後でも二度と使わない。そんな意味かも知れないですね。

そうゆう場面はテレビに映っては欲しくないですし,自分の子供にはそうゆうまねをして欲しくないですが,錦織圭の場合にはあえてマナー違反している要因はありそうかも。とすこし勘ぐってしまいます。

投稿日時 - 2017-07-17 04:48:37

ANo.12

>もうプロとしてのプレーヤー失格であり、テニスをする資格は無いと思われます。
それを判断するのはあなたではないので、何とも・・・

投稿日時 - 2017-07-10 17:30:52

お礼

いいえ、これを正しく判断できるのは、私であり良識ある国民です。良識ある国民は、もうプロとしては通用しないとさっさと判断を下しているところですね。

投稿日時 - 2017-07-10 23:28:44

ANo.11

はいはい、貴方のいう事は何でも正しいですよ。

投稿日時 - 2017-07-10 17:03:34

お礼

わかってもらえて、嬉しいです。

投稿日時 - 2017-07-10 23:29:07

ANo.10

ストレスを表現するのに国内・国外は関係ない?
大いにあります、と言って回答したところで、貴方は聞く耳を持っていないようなので、これ以上は回答しません。

投稿日時 - 2017-07-10 09:22:35

お礼

ストレス表現に、国内・国外は関係あるのですか?それは、どんなものでしょうか?でもあるとすれば、それは、まだ未熟な精神構造ということでしょうね。内弁慶の例かも。
私の質問に反論の意見が出ることは予想してましたが、ここにはまだ、錦織のラケット破壊行為について批判する回答がないですね。
テニスは一般に、半ズボンや短いスカートを端麗に履き、さっそうとラケットを振るプレーは見るからに、華やかな社交の場にふさわしいスポーツのように見えますが、ラケットを腹いせで壊す行為に対して的確に判断し批判できないとすれば、それは情けない限りですね。街で見かけるプレーヤー達は、それほどにスポーツ認識にレベルの低い者達で、道義性、道徳性、規律性もなく、あたかも、金さえあればどんな醜い行為をしても許されるという暗黙の了解事項を胸に秘めてる人達なのでしょうか?そういう偽善性を認識することが、コートでラケットを振り回しはしゃぐ前に大切のような感じがしますけどね。

投稿日時 - 2017-07-10 13:48:15

ANo.9

まあテニス選手はラケット折りますよね。質問者様はトップ選手は折らないといってますが現在のベスト10で折らない選手はナダル・ツォンガ・(ラオニッチは知識として少し不安)くらいで後はほとんどが折ります。フェデラ~と錦織は比較的に少ない方ですね。ワウリンカは折った後のラケットをプレゼントとかしてくれます。貰って嬉しいのかかは謎ですが・・・

多くの日本人や質問者様の考えで言えば「プロにとっての道具は魂であり刀」という風に思っているでしょうし、日本人はそういう考え方が好きです。欧米人は合理的で道具は道具でしかない。本来なら相手よりポテンシャルがある自分が劣勢なのは道具がキチンと機能してないから。機能してない道具なんて道具じゃない!って感覚で壊します。別に折るのを肯定する気は微塵もないですが、駆け引きとかリズムを変えるために折る選手もいます。なんで?と聞かれたら魂や武士にとっての刀ではなく勝利を目指すための単なる道具だからでしょうね

ナダルとツォンガが壊さないのは「ラケットを壊したらテニスやめさせるからな」と子供の頃にいわれたかららしいので、おそらく今後も折らないでしょう。質問者様が道具を魂であり刀と思えない選手はプロでない。応援したくないと思うのは自由なのでナダルとツォンガを応援してあげてください。回答者は道具への感覚が欧米人と日本人で違うので,フェデラ~を普通に応援したいと思います。錦織が道具は道具と思っているのか,魂であり刀と考えているのかは記事を読む限りでは分からないので,回答者は評価を保留にしております。(あんまり折るとスポンサ~からは怒られると思いますけどね)

投稿日時 - 2017-07-10 05:11:56

お礼

「現在のベスト10で折らない選手はナダル・ツォンガ・(ラオニッチは知識として少し不安)くらいで後はほとんどが折ります。」とあるように、そもそも、折っても当たり前、折っても許されるという事が前提になっていて、これが疑問ですね。ラケットはまさに道具とは確かでしょう。その道具を使う職人(選手)が、いちいち結果に頭に来て道具を壊していては、職人気質のかけらもないですし、そういう者は、精神の貧困性を勘ぐってしまいますね。
ちょうど、陶工が、仕上がりが悪いからといって、出来上がった作品を壊すのでなく、ろくろや釜を壊すのと同じことです。これって、有りですか?
自分の技術、精神力の未熟さからラケットを壊しているようでは、もう錦織は浮かばれないでしょう。つまり、ウィンブルドンでもまたまた、格下に3回戦で敗北退散したように、これからは敗北試合数がもっと多くなると予想されます。
これまでの回答を見ると、ラケットを折ることの擁護論が目立ちますが、まあ。これからの錦織の結果をみていきましょう。道具を粗末にする選手は、必ずといって自分に負けたことを意味を表し、それは、今後の試合にも共通して敗北の道を進んでいく可能性を暗示してる気がします。

投稿日時 - 2017-07-10 08:18:59

ANo.8

日本人はそのような道義的めいた議論が盛んですが、同じような行為はフェデラーでもジェコビッチでも過去に何回かやっています。

「プロの資格がない」なんて全く思いません。

小生もテニスをしますが、試合中何とかしてフラストレーションを発散したい要求に駆られます。せいぜい声を出すくらいですが、それでもその後は多少集中が戻ります。

錦織のあのような映像を見る時に感じるのは批判的な感情ではなく、「撮られちゃったよ、まずいね」というどっちかというと同情的な気持になります。

投稿日時 - 2017-07-09 09:58:21

お礼

「フェデラーでもジェコビッチでも過去に何回かやっています。」ということですが、他人の悪行を例示に引き出し、それを基準にして同等行為は問題ないというのは、いかがなもものでしょうか?いわば、他の有名人が社会的・倫理的に顰蹙をかう極めて問題ある行為を引き合いに出し、少し位同じような行為でも問題ないと言ってるような感じがしますね。
ゴルフのアメリカ人の世界トッププレーヤーが以前、不倫問題を起こしましたが、彼でも不倫してるんだから、○○が不倫してもおかしくないと言ってるような気がします。
つまり、見てる方の倫理がずれたり感覚が麻痺していると、何でも問題無しと判断し結論を下してしまう恐ろしさを感じます。これは、見る方の民度が低レベルだともみなされるかもしれません。
負けてフラストレーションを感じるのは、当たり前で当然です。でも、ラケットを壊したりぶつけるのは、本当のテニス競技の何たるかもわからない成り上がりのプレーヤーでしょう。このように、試合結果に憤慨し試合を冒涜するような行為をするに至ってはもう、錦織は、精神面はもちろん、技術面でも衰えが顕著で、グランドスラムで優勝はおろか、4位復帰も無理で、このまま順位がなり下がっていくのではと思われます。

投稿日時 - 2017-07-09 22:24:58

ANo.7

それなら貴方は自分のストレスをどうやって解消しますか、自分の周りに当たりますか、当たらえた人は迷惑でしょう。

それならラケットで済むなら安いでしょう。

試合中はそれだけストレスがあると言うことです、それをラケットだけで済ますぐらいは見てあげないと可愛そうでしょう。

投稿日時 - 2017-07-09 07:59:41

お礼

スポーツで負けてのストレスの解消方法なんて、いくらでもあるでしょう。思いつきませんか?それが思いつかないなら、スポーツをやる資格はありません。「ラケットで済ましてあげないと、可哀想・・・」→ストレスで盗みとか痴漢したけど、少額だから許してあげないと可哀想というのと同じ発想ですね。
そもそも、他人の悪行を例示に引き出し、それを基準にして同等行為は問題ないというのは、いかがなもものでしょうか?いわば、他の有名人が社会的・倫理的に顰蹙をかう極めて問題ある行為を引き合いに出し、少し位同じような行為でも問題ないと言ってるような感じがしますね。
ゴルフのアメリカ人の世界トッププレーヤーが以前、不倫問題を起こしましたが、彼でも不倫してるんだから、○○が不倫してもおかしくないと言ってるような気がします。
つまり、見てる方の倫理がずれたり感覚が麻痺していると、何でも問題無しと判断し結論を下してしまう恐ろしさを感じます。これは、見る方の民度が低レベルだともみなされるかもしれません。
負けてフラストレーションを感じるのは、当たり前で当然です。でも、ラケットを壊したりぶつけるのは、本当のテニス競技の何たるかもわからない成り上がりのプレーヤーでしょう。このように、試合結果に憤慨し試合を冒涜するような行為をするに至ってはもう、錦織は、精神面はもちろん、技術面でも衰えが顕著で、グランドスラムで優勝はおろか、4位復帰も無理で、このまま順位がなり下がっていくのではと思われます。

投稿日時 - 2017-07-09 22:28:26

ANo.6

プロテニスプレイヤーに資格はありません。ラケットを持ってツアーに参加しただけでプロになれるのです。

与太話はさておいて、人間誰しも負の感情を背負った時はそれを吐き出して気持ちを切り替えるのが一番だと思います。オリンピックの時、案内を間違われてトイレ休憩が長くなり、錦織選手の相手が焦れて負けてしまった試合なんかまさに背負った負の感情を吐き出せないまま、実力を発揮できずの敗退だったような気がします。

そこで錦織選手は物に当たってまで負の感情を吐き出したいかと思えば、それはケガとピークを過ぎてきた事により、自分の最高のテニスができていないからではないでしょうか。自分のイメージとかけ離れた状態で戦っていて、上手くいかないから余計にイラついてんじゃないでしょうかね。

物に当たらずに感情をコントロールし切れるほど、世の中の人間は出来た人ばかりではないと思います。特にこういった世界のトップクラスで勝負するような人が持つ負の感情(ストレス)の強さといったら、想像を絶するでしょうね。

どこかのサッカー選手のように対戦相手など人に当たるような人間でないだけマシなんだと思いますよ。

投稿日時 - 2017-07-08 23:42:59

お礼

プロの選手は、観客も金を払った見に来ているのです、素晴らしいプレーをするだろうと期待して見に来てるのです。負けたので八つ当たりするのは、プロ失格でしょうね。
他人の悪行を例示に引き出し、それを基準にして同等行為は問題ないというのも、いかがなもものでしょうかね?いわば、他の有名人が社会的・倫理的に顰蹙をかう極めて問題ある行為を引き合いに出し、少し位同じような行為でも問題ないと言ってるような感じがしますね。
ゴルフのアメリカ人の世界トッププレーヤーが以前、不倫問題を起こしましたが、彼でも不倫してるんだから、○○が不倫してもおかしくないと言ってるような気がします。
つまり、見てる方の倫理がずれたり感覚が麻痺していると、何でも問題無しと判断し結論を下してしまう恐ろしさを感じます。これは、見る方の民度が低レベルだともみなされるかもしれません。人間に当たらなけらばいいというのも、最低の民度の低さを感じますね。
負けてフラストレーションを感じるのは、当たり前で当然です。でも、ラケットを壊したりぶつけるのは、本当のテニス競技の何たるかもわからない成り上がりのプレーヤーでしょう。このように、試合結果に憤慨し試合を冒涜するような行為をするに至ってはもう、錦織は、精神面はもちろん、技術面でも衰えが顕著で、グランドスラムで優勝はおろか、4位復帰も無理で、このまま順位がなり下がっていくのではと思われます。

投稿日時 - 2017-07-09 22:31:31

ANo.5

スポーツ選手が道具を大切にするというのは、張本ではないですが、日本人としては当然のことかもしれません。

日本人は、スポーツのみならず、柔道や剣道などの武術においては道場に礼をし、尊い人物からの書状には手紙に頭を下げ、飯を食らう時には膳に対して手を合わす。

ただ、これ全て日本独自の感性であり、価値観と言えるでしょう。

礼節という東洋的な価値観が世界共通とは限りません。

錦織選手がラケットを叩き折る光景は、たしかに日本人にとっては、良い印象がないのかもしれませんが、別な角度から感情を素直に表現しているという意味で好感を持つ外国人も多いのかもしれない。

さらに、錦織選手は日本においては、まさに不世出のテニスの天才。

私自身を含めて、彼の実績を踏まえた上で、あえて評価する必要があるのでしょうか?

錦織選手がラケットを叩き折ることも度々ですが、道具を大切にしなければならないことを深く認識した上で、ほとばしる感情を抑えきれずに叩き折る自分自身に嫌けが差し、その都度反省しているのは、誰あろう、錦織選手その人ではないのですか?

私達が世界のトップに立つ彼の心情など、知る由もないということだと思いますよ。

投稿日時 - 2017-07-08 20:39:55

お礼

日本独自或いは、東洋的価値観と、西洋的価値観に差を設ける必然性は、どこにあるのでしょうか?それでは、殺人も、東洋的価値観と西洋的価値観では違うので、行為の問題性・批判性に差を設け、処罰に軽重があってもいいというのでしょうか?
「反省している」とありますのが、壊したり投げつけたりの暴力行為が正当化、されるのでしょうか。そうすると、暴力礼賛を支持ですか?
「トップに立つ者の心情など知る由も無い」ということですが、それなら、そのプレーを見る資格も無いでしょう。トップだろが何位だろうが、スポーツプレーヤーとしての心構えが出来ていなければ、それは、エセプレーヤーであり、体だけが発達し中身が伴わないプレーヤーに成り下がってしまうでしょうね。

投稿日時 - 2017-07-09 22:39:22

ANo.4

そのウインブルドンの1回戦で早々に途中棄権したオーストラリアのバーナード・トミックって選手が「テニスに飽きた」と発言してラケットメーカーからスポンサーを打ち切られましたよ。
その同じオーストラリアにはニック・キリオスっていう世界1位も狙えるといわれるほどの才能がありながらラケットを壊しまくる問題児がいて、キリオス選手も去年に素行の悪さでマレーシア航空がスポンサー契約を打ち切られ、多くのテニスファンから「もう引退しろ」とまでいわれています。

んで錦織君ですが、根底にはスポーツ選手としてのキャリアハイに到達してしまった感はありますね。でも5位くらいになったときはもう四大大会でひとつくらいは勝ててもおかしくないってところまで来たのですから大したものだと思います。
日本人テニスプレイヤーでは、錦織選手に次ぐのは杉田祐一選手で44位です(先日金星をあげて順位を大幅に伸ばしました)。それでもこれで松岡修造さんの46位を上回ったので日本人単独2位にまでなりました。錦織君さえいなければ日本中が大騒ぎだったでしょう。

また錦織君の最近のピリッとしなさはケガもさることながら、お付き合いしている彼女の評判もまたよろしくないようですね。聞くところによると、マイケル・チャンコーチ、錦織君のご両親にもよく思われてないのだとか。写真を見ると、可愛いけどいかにも遊んでそうな女ではありますね。

投稿日時 - 2017-07-08 20:20:37

ANo.3

councellor さん、こんばんは。


彼は日本一の手にスプレイヤーです。世界で何番目まで行ったんですから、体はもう傷だらけでしょう。もう30までで彼も限界でしょうね。それにしてもフェデラーやジョコビッチに比べて何が足りないのかを考えるのが、目下の策でしょうね。どう見ても体力が足りないとみるのが普通でしょうか?

投稿日時 - 2017-07-08 19:35:42

お礼

彼は、体力以前の、精神的な衰えを感じますね。その精神的内容とは、スポーツマンとしての「イロハ」が欠けてるということですね。

投稿日時 - 2017-07-09 22:41:29

スポーツ選手が道具を大事に扱うというのは極めて日本的な考えです。
海外では、ストレスを道具にぶつける事で気分の一新を図り、試合の流れを引き寄せようとします。
確かにお行儀は良くないですが、その道具を使うのも自分だし、そこは問題無いと思います。
日本のプロ野球で、不満があると審判のジャッジに喰ってかかり、時には暴力をふるうマナー知らずよりはマシだと思います。

投稿日時 - 2017-07-08 19:23:10

お礼

スポーツに道具は付き物。それを大事にするか大事にしなくてもいいというのは、国内、国外とも関係ない、スポーツする人間のイロハではないでしょうかね。日本と外国を区別する理由がわかりません。
野球のジャッジに食ってかかる行為がありますが、ラケットを壊すのも同等の問題ある行為であり、むしろ、商売道具だけに、もっと罪深いものかもしれないです。「錦織のあんちゃん、あんたは一体、何を考えてるの?」って聞いてみたいですね。

投稿日時 - 2017-07-09 22:45:11

ANo.1

プロスポーツプレイヤーじゃない人がそんなこと言っても説得力ないですね。

私もプロプレイヤーではありませんが、スポーツ競技をやっています。
だから、大事な試合なのに調子が出ない時はイライラします。ものに八つ当たりする気持ちもわかります。
メジャースポーツだったら様々な好奇な目にさらされて試合以外でも余計な気遣いで神経をすり減らすコトでしょう。
メンタル的によほど強い人じゃない限り、長期間の高貴な視線にさらされていると知らず知らずのうちに試合で冷静さを保つ精神力が尽きてしまいます。


何がいいたいかというと、周りの関係者、関係のない人の過度な期待がプレイヤーの足を引っ張っているんじゃないかということ。

勝った時は一緒に喜び、負けた時は一緒に悔しがればいいだけだと思いますよ。
技術や実力的なことは問題ないはずですから、スランプの時は精神面でしっかりとサポートできる人がそばにいればいいと思うんですけどね。

どうせ金の亡者が取り憑いて振り回してるんじゃないですか?
シルヴェスター・スタローンの映画「ドリヴン」の天才ドライバーの兄貴みたいな人がw

投稿日時 - 2017-07-08 19:19:51

お礼

スポーツでトップレベルにいる人は、少なくとも、プロテニスの世界3位以内に常時位置してる選手は、精神的に強いと思ってますね。やはり、精神的に強い選手は高(好)成績なんです。逆に、精神的に劣ったプレーヤーは自分に負けており、試合にも負けが多くなっていくのです。これは、必然の論理ですね。
「周りの関係者、関係のない人の過度な期待がプレイヤーの足を引っ張っているんじゃないかということ。」ですが、そういうことで影響を受けてるとすれば、まだまだ青い未熟なプレーヤーですね。

投稿日時 - 2017-07-09 22:51:42