こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

締切り済みの質問

小1娘 行きたくない

入学して数日後、先生からの叱咤激励で登校渋り。
連休明けの昨日から、泣き暴れる娘を抱きかかえて
保健室登校です。

連休前に一度だけ休ませました。
その時は「今日だけだよ」と約束。
約束って言うのは娘にとって無意味な事。
「行きたくない!嫌だ!家にいる!」と
帰宅してすぐ泣き喚く娘。約束は完全に忘れてる。
というより、約束を守れる心境ではない。わかっています。
私も、堪えていた感情が爆発して、娘の前で号泣。
「悲しいのはあなただけじゃないんだ!」と。
これで少し娘をわかってくれるか?とも思いました。無駄でした。
また「明日休む」と言い出しました。
明日の準備もしないと言うので、昼寝の間に私がしました。

明日も、今日と同じように抱いて登校になるでしょう。
前、先生に相談した時は
「授業に出れば、元気にやっているから、朝嫌がっても
連れてきてください」と言われそうしています。

色んな投稿のレスを読んでると
「行きたくないのには理由がある。無理に行かせると逆効果」だったり
「休ませると休みグセがつくから休ませてはいけない」だったり。
正直、どっちが正しいなんて答えはないかもしれません。
娘も学校に行きたくない理由は漠然としていて
いじめがあったとか決定的な理由はありません。
理由がない以上、行くのに慣れてもらうしかないと思っています。

だけど、暴れて泣いて拒否する娘を強制的に連れて行って
本当にそれでいいのかと迷いもあったり。
娘の気持ちは尊重しなくていいのか?
「受け止めてあげる」「容認してあげる」
この意味がわかりません。
もちろん、帰ってきたら「頑張ったね」と抱きしめます。
今日どうだった?詮索もしていません。
娘自ら学校の話はほぼないです。幼稚園時代からそうですが・・。

支離滅裂になってしました。
いつか普通に登校できる日がくると信じて待っていますが
どっしり構えることが難しくなってきた私です。
今のこのやり方でいいのでしょうか?

投稿日時 - 2017-05-09 17:37:18

QNo.9327214

すぐに回答ほしいです

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(8)

ANo.8

彼女が行きたくない理由話したくないのなら、時間割などを一緒にみて「好きな授業」「好きな給食のメニュー」「学校の中の好きな場所(中庭で花が咲いているなど)」といった楽しみを一緒にたくさん探して「行きたい理由」をたくさんつくってみるというのはいかがでしょう。

投稿日時 - 2017-05-11 14:16:51

お礼

ありがとうございます。
前向きに考えるのも必要ですね。

投稿日時 - 2017-05-12 16:34:58

ANo.7

学校に行きたくないのであれば、無理に行かせることもないです。
必ずいかなればいけばない場所ってわけでもありませんから。

ただ、その分、学校の学習に代わるものを親としては用意してあげないといけません。
主に家庭教師などがわかりやすいですが、
もちろん、勉強といわれる知能教育だけではなく、
学校で学ぶはずの、集団生活能力や、他人とのコミュニケーション能力、日々の規則正しい生活や習慣、体力作り、健康管理など、将来、自立した成人になるための教育も必要です。

子供がわがままになるとか、甘えとかって、別に学校に行くいかないの問題ではなく、
今やるべきことをやるかやらかないってことだけです。
学ぶ場所や形がかわるだけで、本質の部分である、本来必要な教育をうけさせてあげればいいんです。

学校に行きたくないのなら行かないでもいいじゃないですか。理由も必要ないと思います。

まあ、理由が、勉強嫌いだからいきたくない、好きなことして遊んで暮らして寝てたい!って怠惰な理由なら、話は別ですけどねw

投稿日時 - 2017-05-11 02:47:26

お礼

ありがとうございます。
休ませてもいいんだと思うとこちらも気が楽になります。

投稿日時 - 2017-05-12 16:34:38

ANo.6

うちの息子も小3の時、一時的に不登校になりました。
「甘やかしすぎ」とか
「子供の事を理解しようとしていない」とか
色々な事を言われ、傷つきました。
何より、嫁が「自分のせいだ」と泣くのがつらかったです。

うちの子の場合は担任の先生の叱咤激励が原因だと思っていましたが
学校のカウンセラーは全力で否定しました。
学校側の責任というのは認めたがらないんだと感じました。
ただ、「入口と出口が違う」とも言っていました。
つまり、原因が除去されても改善しないことも多いと。
例えば、いじめが原因でいじめがなくなっても
登校するようにならないことも多いのだそうです。
改善策は今よりも愛情を注いでやることだと。
決して、今、愛情を注いでいないわけではなくて、
今よりももっと愛情を注いでやることだと。
私は具体的に何をしたらいいのかわからなかったので
早く帰宅して、落語の本を読んでやりました。
そして、自分自身を責めないという事でした。
つらいのは本人なのに、親の方が被害者意識を持ったらダメらしいです。
結局、カウンセリングでは具体的な改善策が明らかにならなかったのですが
不思議なことに、1週間くらいで一人で学校に行きだしました。
今から思えば、親の動揺が子供に伝わってしまっていたのかもしれません。
まだ幼いので「親が悲しむから学校に行く」などとは
考えられないのでしょう。

うちの場合は学校には無理に行かせなかったのですが
学校のカウンセラーから
「休みが長くなるとよけいに行きずらくなる」と言われ
次の日からは無理に連れて行きました。
学校に着くと普通なんですが
翌朝はやっぱり、行きたがらないんです。
でも、1週間くらいで急に「一人で行ける」と言い出しました。
やはり、自分を責めずに愛情を注いだのが良かったのでしょうか!?

本当に色々な事を言う人がいますが
気にしないで、自分を責めたりしないでください。
原因なんてきっと些細な事なんです。
あんまり参考にならなかったかもしれませんが
いつか、こんな事もあったねと言える日が来るといいですね。

投稿日時 - 2017-05-11 01:03:06

お礼

ありがとうございます。
今以上に、スキンシップを図り娘にとって最善の方法を
考えたいと思います。

投稿日時 - 2017-05-12 16:33:46

その女の子、非行に走らなければいいんだがな。
その子のお父さんのことが全く書かれていないけど、何してるの?
こういうのは母親だけでは役不足だ。父親も参加しないと意味がないよ。

その子にしてみれば下の子(弟?妹?)は自分を脅かす邪魔な存在でしかない。
家庭内でも孤立しているとすれば、わがままの1つや2つはしたくなるのも無理はないな。

家庭以上に学校にも居場所がないとなれば、大きな子供なら家出という手段をとる。でも小学校1年だと親に愛されたいという気持ちが勝るから、なんとしてでも親の気を引こうとする。それが登校拒否なんだと思う。

>「受け止めてあげる」「容認してあげる」
この意味がわかりません。

詮索もしていないとなれば、完全に放任なのだろうか?
過干渉の反対語は放任主義だが。これは小さい子にとって残酷だよ。
信用できない人には心の中など話せない。これはお子さんだけの話じゃない。大人になっても信用できない人にはなるべく話さないようにするじゃないか?

お子さんが中学生になってから、親が歩み寄っても遅い。その頃になると自立心からくる反抗期になるんで、
言うだけ逆効果になるよ。
お子さんに歩み寄るのは今しかないんだよ。
なんとしてでもお子さんの信用を得られるように努力しないと未来はないかな。

投稿日時 - 2017-05-10 23:38:22

お礼

ありがとうございます。
そういう考え方もありますね。
主人は協力的にやってくれています。

投稿日時 - 2017-05-12 16:31:57

ANo.4

小2の娘を持つ40代既婚男性です.

一番の問題は娘さんが「なぜ学校に行きたくないのか」を母親のあなたが理解しようとしていない点だと思いました.

「理由も無く不登校」って決めつけられているようですが,本当に理由が無いなら学校行くのを「泣き暴れるほど嫌がる」なんてあり得ないと思うのですが….
小学校1年生なら自分の気持ちをうまく言葉に出来なかったりすることもあるでしょうし.

それに,そもそも娘さんがお母さんのことを信頼していない感じを失礼ながら受けました.
娘さんとしっかりと向き合えていないから,だから何も本音を話してくれないし,その結果不登校の理由も把握できないのでは.

娘さんが「何でも話しやすい環境」を作る努力ってされてますか.
まずは一度,娘さん自身を全肯定してあげる日でも作ってみてはいかがですか.
例えば娘さんが好きな場所(遊園地とか?)に連れて行って目いっぱい一緒に遊んであげて,夜は娘さんの大好きな料理をおなか一杯食べさせてあげてはどうですか.
その上で,娘さんのことは大好きだけど,一方でとても心配しているあなたの気持ちを伝えてあげて下さい.
娘さんの信頼が得られれば,少しずつ本当のことを話してくれると思います.

また,いくら下の子のお世話が大変だからと言って,母親のあなたが子どものように号泣して要求を無理強いしようとするなんて親の言動としてあり得ません.そのことを娘さんにしっかり謝りましたか?

それと先生とはコンタクトを取っていると書かれていましたが,
担任の先生だって自分自身の都合の悪いことは親には伝えていない可能性だってあると思いますよ.

娘さんとの関係性を今一度,よく振り返ってみて下さい.

投稿日時 - 2017-05-10 22:01:52

お礼

ありがとうございます。
担任の先生は、やはり少し厳しい先生のようです。
なので、一番の要因は先生に言われた一言かもしれません。

投稿日時 - 2017-05-12 16:29:51

ANo.3

何故そうなったのか。
「叱咤激励」が子供にとって傷ついたことならば、そのフォローをどのようにしていったのか。
その先生は一年生を過去にやったことがあるのか。
登校をしていてからは元気にやっていると聞いたというけれど、あなたもしっかり把握しきれてないですよね。
先生と親であるあなた、先生とお子さんの関係がはっきり見えません。
情報がなさすぎるのですが、あなたがお子さんの学校生活や先生について把握しきれてない、そしてお子さん自身のことも把握しきれていないような気がします。

小学一年生は義務教育の土台になる部分で、つまずくとこのままずるずるとなってしまいます。
何とかここで食い止めて、土台をしっかり作ってあげることが大切です。
土台がしっかりしていれば、上の学年になっても乗り越えられます。

・帰ってきたら片付け・宿題をするなどを癖を付けること(できるまでそばで付き添う。できるまでとにかく監視するように見守る)
・毎日やることをしっかり植え付けさせること(場所場所に本人の目に届くように掲示する。読み上げながら、意識させる)
・親がしっかり「見ている」ことを意識させること
・親は先生と連絡を密にすること
これは私が上の子で勉強したことです。

上の子は「発達遅滞」と「同じ保育園の子がいない孤独」というハンデを持っていたので、とにかく先生にそのことを伝え、どうしたらつまづくことなく生活できるのか。
必死になって考え接してきました。
その時の先生がとても素晴らしい先生で、息子は先生を信頼し、その後友達にも恵まれ夏休み前のテストで算数が80点だったのが、冬には98点にまでなりました。
連絡帳には大したことなくても、家で笑ったこと怒ったこと、学校のことを話したことなど先生と毎日交換日記をしていました。
そのおかげで、息子の学校生活が先生の文字から垣間見えていました。
また、息子も「見てもらっている」ことに安心していましたね。
現在三年生、中学年っぽい悪ガキっぽさが出てきましたが、土台がしっかりしているので、帰宅したらすぐ宿題をしたり、やらなければならないことをしっかり理解しています。

下の娘もあなたのお子さんと同じ現在一年生で、元々保育園時代もそれほど自分から保育園での話はしませんでした。
学校生活が始まり、泣きながら帰宅したり、怒って帰宅したりとあまり「いい気持ち」を抱かないまま帰宅して、発散したいらしく嫌なことは話します。
それを緩和させたり、連絡帳に書いてあげるねと伝えます。
先生に伝えれば「何かしてくれる」安心感が生まれます。
先生もフォローして下さり、今のところ行くことに抵抗はありません。
下の子も一緒の保育園の子は一人しかいません。
ほとんど孤独ですが、それでも一ヶ月経ち少しずつ話せる子は増えてきたようです。

あなたのお子さんは既に先生と学校に対して「警戒心」を抱き、不信感を持っています。
何かがあったんですよね。
小学1年生、持ち上がりでなければ全く新しい環境で、それほど期間も経っていません。
つまり、その短い期間に本人の中で「つまづく何かがあった」んだろうと思います。
最初は誰もが不安に決まっています。
それを和らげてあげるのが小1親として最初の大事な仕事です。
それは「どうだった?」では話せません。
具体的に「今日は先生がなにか面白いこと言った?」とか、「図書室とか見た?」など、話しやすい聞き方をしたら返しやすいかと思います。

家では私が「あれこれ聞き出して」しまいそうで、本人も気分を悪くして話すこともできないだろうと、私は給食が始まる7日間は喫茶店などでのんびりしながら、どんなことがあったのか、「聞き出す」意識はせず、それでも話してくれるように聞きました。
ぽつりぽつりでしたが、それでも話してくれました。

あなたの質問内容に先生とのやり取りがほとんどありません。
お子さんのことばかり。
学校と連携していますか?
子供と学校を直接結ぶのではなく、あなたが間に入りクッション材となり繋げてあげることはしていますか?
子供のために間に入って動いていますか?
先生や学校と話を密にしていますか?
それがあまり見えないので何も言えませんが、そういったこともせずに子供だけを連れて行っても子供は心を開くはずがありません。
あなたが泣き喚こうが、あなたの心を理解できるはずがありません。
本人が一番傷ついているのだから。
学校との繋がりを切らさないよう、間に入ってお子さんのケアに努めて下さい。
あなただけではできません。
学校もお子さんも繋がって初めてできることです。

土台をしっかり作るためにも、今踏ん張るところです。
学校と密に連携し、しっかりサポートしてあげて下さい。
預けっぱなしにしないで下さい。

投稿日時 - 2017-05-10 10:45:47

補足

先生とは毎日連絡帳ですがコンタクトを取っています。
先生も、原因が特定できず模索中。今月末カウンセラーの方に相談すると仰っていて、私もその日相談する予定です。
正直、サポートの仕方もわかりません。ただ抱きしめて
「頑張ったね」と言うしか出来ないです。
理由を聞き出そうにも、下の子も小さくてじっくり話す機会もなかなか作れず、娘の気分によっても言ってることが食い違い。
具体的にどういったサポートが必要なのか、学校と連携するとは
どういう事なのか、そういう事が知りたいのです。

投稿日時 - 2017-05-10 17:17:45

まず登校渋りは先生の叱咤激励が原因ではなく、あなたです。子供に対して甘やかし過ぎです。子供は泣いて駄々こねれば自分の思い通りにいくと思ってしまってますね。
ぶん殴って学校に行かせましょう。

投稿日時 - 2017-05-09 23:57:56

お礼

ありがとうございます。

投稿日時 - 2017-05-12 16:32:07

あまり参考にならないかもしれませんが、、、。
私の家は放置家庭で、学校なんて行きたきゃ行け、行きたくないなら行くな、という感じでした。
幼少時から気分が乗らないときは行かない、というのを繰り返していたので、大人になってもその癖が抜けず、少しでも気分が乗らないと、仕事をサボってしまうようになってしまいました。
人間関係が嫌なわけでもなく、仕事が嫌なわけでもない。ただただ漠然と行きたくない。
はい、私はクズ社会人です。
親としては本人が嫌なことは出来るだけやらせたくない、苦労させたくないと思い遣っての行動でも、大人になれば嫌なことをどれだけ継続できるか、どれだけ精神的に受け流せるか、その上で自分を守ることができるかが重要になってくると思います。
小1の子供にそこまで求めるのはどうなの?と思ってしまいますが、理由のない行きたくない病に本格的にかかる前に習慣化させてあげてください。
抱っこしてでも心を鬼にしてやらなきゃいけないことをやらせてあげてください。
その上で、本当に嫌なとき、身体的精神的に逃げなければ行けないときに、手を差し伸べてあげてください。
学校がどうだったかを訪ねるのは詮索だと感じていらっしゃるようですが、親が詮索して何が悪いのでしょうか。
子供本人から聞かなければ、学校でどんなことをしたのかわからないですし、その時にどう感じたかもわからない。うまいこと聞き出して、さりげなくアドバイスしながらイジメや体調の変化などに気を付けて、、、。
容認してあげることは大事ですが、理由もなくオッケーされ続けるのは、最終的に、私に興味ないんだろなって思考に行き着いちゃうので、ご両親でちゃんとアドバイス、叱咤してあげながら習慣化してあげてください。超ガンバです!

投稿日時 - 2017-05-09 19:17:21

お礼

ありがとうございます。
そういう結果になってしまうという事もありますよね。

娘にとってどの方法が最善なのか、今一度考えたいと思います。

投稿日時 - 2017-05-12 16:28:17